フォロー

問い合わせ

住所

コワーキングスペース創荘-SOSO-  JR川崎駅から徒歩8分

〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unicoA 407

©2019 by HKダイエットサポート. Proudly created with Wix.com

 
検索
  • 近藤代表

受け止める大切さ

来年に近藤は公認心理師の受験資格取得を目指しているのですが、

テキストで隙間時間でちょこちょこ勉強を続けています。


テキストで勉強した心理療法のひとつに来談者中心療法というものがありましたので、軽くここで紹介しておきます。


来談者中心療法・カウンセリング

来談者中心療法(クライエント中心療法)は、1940年代に米国の臨床心理学者カール・ロジャースが創始しました。 当初は「非指示的療法」、近年では「パーソンセンタード・アプローチ」とも呼ばれます。日本には1940年代より導入されました。

この療法の基本的な考えは、「来談者の話をよく傾聴し、来談者自身がどのように感じ、どのように生きつつあるかに真剣に取り組んでいきさえすれば、別にカウンセラーの賢明さや知識を振り回したり、押しつけたりしなくても、来談者自らが気づき、成長していくことができる」ということです。

人間は、成長・自律・独立等に向かう「実現傾向」を持つと考えます。カウンセラーは、自らの体験・意識・表現が一致していること、来談者に無条件の肯定的な関心を持つこと、共感的に理解することを大事にします。

ナチュラルな漢方薬的な療法と言えるでしょう。

by 一般社団法人 日本臨床心理士会 公式HPより抜粋


これは、近藤がお客様に対する接し方の基本にしている方法でもあります。


専門家でなくとも、身近な人にこうした接し方が出来れば勇気と前に進む力が出るきっかけになる可能性があります。他者を労わって受け止める力、大事にしたいです。

4回の閲覧