フォロー

問い合わせ

住所

コワーキングスペース創荘-SOSO-  JR川崎駅から徒歩8分

〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unicoA 407

©2019 by HKダイエットサポート. Proudly created with Wix.com

 
検索
  • 近藤代表

続・ホメオスタシスとダイエット


前回書いた記事の続きになります。

ちょっと突っ込んで減量に関して書いていきたいと思います。



まず、減量したい!と思い立った時の有効策は自身が、何を?どこで?どれくらい?どの時間帯で?食べているのか。これをはっきりさせることかもしれません。そうしないと、自分がどうして今の体重であるかの理由がはっきりしないからです。


体重90㎏なら90㎏の食事量、体重100㎏なら100㎏の食事量を摂取しているということです。身体を維持するためには食べてそれを血肉にするしかないので、この仕組みがひっくりかえらない限りは、到達したい体重の食事量をとるようにすれば解決するはずです。


ただし、これを全力で邪魔してくるのが他記事に載せたホメオスタシス。例えば100㎏の人が70㎏になりたいと食事量を減らし始めると、それを外的・内的なストレッサーと感知して身体は徹底抗戦の構えを取ります。身体からしてみれば、標準100㎏の食事量をがっつり減らされるわけですから、異常事態とみなすのが当然です。


大概はこのホメオスタシスの抵抗反応が心身両面の負担になり、ダイエット中断やリバンドの原因となりえます。身体の内分泌・免疫・自律神経の三つが総動員してダイエットを止めにかかるのですから、これをどう回避するかがダイエット成功の肝と言えるのではないでしょうか。


ホメオスタシスの抵抗反応を減らすには、心身のバランスが重要です。


①ストレスをためすぎない(考え方次第で、減らせることも)

②好きなものを食べていい(量には気を付けて)

③過度な運動はしない(食欲が刺激されて逆効果なことも)


まず、この3つを考えてみるのがいいかもしれません。



10回の閲覧