検索
  • 秀俊 近藤

肥満に対する考察 その2

最終更新: 2日前

お世話になっております。

HKダイエットサポートの近藤です。


肥満に対する考察の記事を続けていきます。

お付き合い頂ければ幸いです。


今回も、「あなたの体は9割が細菌」読了感想を中心に私の考えを述べていきたいと思います。お題は「肥満は根性論と切り離して考える」です。


著書内では、腸内細菌が代謝サイクルに関与する可能性が大きいことに言及しており、渡り鳥が大陸を渡る期間に合わせて体重を増減させる現象をその例にあげています。



菊正宗 HP記事より抜粋引用

乳酸菌を摂りすぎるとどうなる?副作用の心配は?

https://kikumasamune-health.jp/side-effects/



これはカロリー摂取量だけが、体重増減の決定要因ではないということです。


腸内の細菌バランスによって同じカロリー摂取量を摂っても吸収率に数%有意差があり、また脳腸相関により食事の好みでさえも細菌の影響を受ける可能性があるとのこと。最大1000兆個の細菌群が様々な影響力を持っている事実は無視できない要素です。


これらを踏まえると、本人の単なる意志力の弱さだけが肥満の原因でないということ。少なくとも根性論的な切り口だけから肥満者にアプローチするよりは、肥満は全てあなたの責任と抱え込む必要がないのだという点が救いになる可能性があります。


また著書では、5%の体重減で腸内細菌の比率が変化したという研究結果にも触れています。体重を少しずつ減らし、並行して食生活を果物や野菜中心に変化させる(食物繊維の摂取を増強)ことで、腸内細菌のバランスを痩せ型生態へチェンジできるかもしれません。






7回の閲覧

コワーキングスペース創荘-SOSO-  JR川崎駅から徒歩8分

〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unicoA 407

©2019 by HKダイエットサポート. Proudly created with Wix.com